NPO法人|女性ライフワーク協会ご案内

 

特定非営利活動法人「女性ライフワーク協会」は、女性の力を発揮し、

 

社会のチカラに、ライフワークな生き方を作ろうというプロジェクトとして事業展開しています。



事業内容1.大阪・兵庫の信頼と誠実の家事代行サービス


事業内容2.大阪・兵庫の家庭生活向上セミナー


事業内容3.大阪・兵庫の企業向け親子向けイベントを行っています。

 

大事なのは家族を愛し、人生を楽しむこと。
人生を楽しむ為には、自分のやりたいことを見つけそれに取り組める環境が必要です。

 

そのためには「家事」を進化させることで「みんなの日常」をあたらしくしていくこと。


そして「特技」を「人のお役に立てるお仕事」

として提供しつづけられる機会の場を創り続けたいと思います。

 

家族と、ともに。“自分らしく働き続ける”を実現する。

 

特定非営利活動法人女性ライフワーク協会は、女性がもっと活躍できる社会で


仕事を楽しみ、人生を楽しめるよう、すべての女性が輝く社会の実現を目指しています。

 

 

♦ビジョン・ポリシー♦
家庭には「夢と感動の出会い」があります。


1人1人の輝きを応援し家族の幸せのきっかけを提供していきます!

 

 

<5つの安心をお約束>

1、心のこもったサービスを通じて、お客様の笑顔を増やし続けます。

2、誠実な対応で、安心して暮らしていける場を提供いたします。

3、お客様のご家族を幸せにすることに喜びを感じ、家族愛を育みます。

4、学び合い、磨き合える機会を創り続けます。

5、女性がいつまでもイキイキワクワク楽しく働けるように、輝くあなたを一生サポートし続けます。

 


協会代表|郷田 エリ ご挨拶

 

こんにちは。当協会ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は、女性ライフワーク協会代表の「郷田 エリ」です。

 

ライフワーク協会は、真心と誠意の家事代行サービス会社となるため、特定非営利活動法人家政婦事業として 2014.3.20設立しました。

 

結婚・出産・育児中の女性たちが、ご家族様の喜ぶ笑顔のためにご希望に快く応じます。

 

お客様ひとりひとりのオーダーをお聞かせください。

 

家族みんなの明るい笑顔のためにあなたの悩みを一気に解決いたします!!!

 

依頼してよかった!と思っていただけるために精進し、どこにも 負けないサービスを徹底しています。

 

お客様にお会いできますことを心から楽しみにしています。

 

 

 

郷田エリ プロフィール

 

専業主婦の母が、長時間働きに出て家に不在がちになったことで家庭内は一転。

 

母の影響を受け、いかに家事を上手に

こなすかで、家庭の幸せがあるのではないかと痛切に感じてきた。

 

子供ながらに家事をして閉じこもることも多かった過去。

 

そして、勤務形態がはちゃめちゃなサラリーマン時代。

 

昔の母のように家族の為に毎日夕飯を研究していたいと思った。

 

一旦は専業主婦になり、過去家事のやりくりができていた頃の母のように、

 

家族に愛情を込めて、家事(調味料作り、デザート作り、365日違う夕食作り、掃除、お片付け)を徹底して行った。

 

やがて、我が家だけじゃなくて、人の家の家庭の幸せに携わりたいと思うようになる。

 

仕事のやりがいと、家庭の充実の大切さを痛切に感じてきた。

 

ただ単なる主婦の虚しさから、関西学院大学大学院専門職ハッピーキャリアプログラムへ通う。

 

同時に、大手家事代行会社ベアーズでのアルバイトを経験。

 

そんな中、大手家事代行サービスでの、サービスの標準化のもどかしさを感じた。

 

二年後、2014.3.20特定非営利活動法人女性ライフワーク協会設立。

 

葛藤を経験した今だからできる女性と家族が

活躍する為には家事のオリジナルサービスの展開を行う。

 

テーマは、「特技を活かした働き方で、女性の家庭生活を大切にしながら、人のお役に立つこと」

 

ライフワークが築けるコミュニティ活動(家事代行サービス並びに、料理と手芸 教室、

企業受託で親子向けワークショップを行う。

 

今後も、家族みんなの笑顔に繋がる家庭生活

向上を目的とした事業を展開していくことを本望としている。

 

家族の笑顔に携わっていたいから、ようやく出会えた天職に邁進です。

 

得意なことで、人のお役に立てる女性の

相互支援コミュニティになり、女性が相互に輝く社会の実現を目指しています。

 

 

 

■メディア掲載 実績■

 

◇読売テレビ放送関西情報ネットtenにて家事のスペシャリストとして出演。

 

◇そこでは、日本料亭の料理長と料理対決を行い、見た目・味・独創性すべての項目で勝利した。

 

◇テレビ局指定の枝豆 を使ったアレンジレシピを紹介する。

 

◇朝日放送ラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』で家事のプロとして出演。

 

◇当協会ならではの家事代行サービスについて語る。

 

◇素麺の銘柄と素麺つゆの銘柄を当てる「効き素麺大会」で優勝

 

◇阪急百貨店お弁当コンテストにて「優秀賞」受賞

 

◇お客様に合った快適な暮らしができる(料理・掃除グッズ・収納グッズ・便利グッズ)を考える。

 

◇時には家事の効率プランナー。

 

◇料理の旨みアップ法、万人受けする料理を作ることは趣味でやり続け、時には飲食店の厨房へ。

 

◇時には、ご家庭のお片付け作業員となっている。

 

◇次は、どんなご依頼があるのか、ワクワクです(*^-^*)♡ 

 


家政婦・家事代行サービス|NPO法人「女性ライフワーク協会」事業案内

私たちは安心と信頼と笑顔の家庭サポートを通し女性が輝いて働けるステージを創造していきます。

 

■企業理念|家庭には夢と感動の出会いがあります。家族の幸せのきっかけを提供していきます。

 

■経営ビジョン|家庭生活向上を一筋に女性がイキイキワクワク一生喜びと輝いて働ける会社のリーディングカンパニーとなり

 

女性の“輝く”を一生サポートし、日本中をHAPPYにする!そして日本初の『女性繋がり業』をつくる。

 

■ミッション|『「家庭生活」に重きをおき、誰かのありがとうのために働きたい』をモットーにしている。

 

夢と感動を共有する事業となるために平成26年3月20日NPO法人になりました。

 

女性ひとりひとりの個性や希望で、もっと活躍できる場を。仕事を楽しむことは、人生を楽しむこと。

 

ライフワークバランスに悩む働く女性の力になるために設立しました。

 

全ての女性が輝く社会の実現を目指しています。

 


1. 事業概要:設立の経緯

 

家庭と仕事の狭間で、もどかしい気持ちと迷っていた経験を通し、どんな家庭環境であっても、

 

女性が活かされる社会を創り出そうとの考えのもと、女性仲間と共に、お互いの情報交換と知能を高め合う講座や集いを開催し、社会に発信しています。

 

(2012年4月~「仲間を知ろうハッピーキャリアになるために」の定期開催)あらゆる女性たちが個々の社会的価値を磨き続け、

 

その保有する能力を大きく発揮できるようになる社会は、感動する場の共有となり、人生に大きな楽しさを見出せる社会です。

 

不特定多数の人に寄与することを目的とし活動をしてきたことから、今後は社会的な責任を果たし、広く人々に支持され、社会的信用を得るために、法人格取得を目指すことになりました。

 

また、事業の遂行のためには、行政・企業・NPO等との協働に積極的に取り組んでいく必要があります。

 

私たちの事業は、地域社会の増進に寄与することを目的とし健全な発展を促進するため、

 

NPO法人女性ライフワーク協会として、法人格を取得しました。

 


2. 目的:女性活躍推進|女性は能力がありながら結婚を機に仕事をやめている実態

 

女性は一生涯において、結婚、子育て、パートナーの転勤、親の介護など、

 

家族の状況によって自らの働き方を柔軟に変えてゆく必要に迫られがちです。

 

しかしながら、多くの女性たちが、世間から求められる最も一般的な「企業勤務」「フルタイム」という働き方以外の選択肢を見つけられずにいるのが現状です。

 

事実、家庭と労働との両立をあきらめ、働く女性の3割が結婚を機に仕事をやめてしまいます。

 

さらには、職場に残った女性も約半数が第一子の出産を機に離職、7割近くが出産で仕事を辞めているのが実態です。(平成23年時点)

 

しかし、就労を希望する女性は303万人います。(参考:総務省平成24年労働力調査)

 

年齢階級別にみると、35~44歳の就業希望者が91万人となっており最多となっています。

 

また、日本の将来推計人口は、これからおよそ60年後の平成72(2060)年には、現在の4分の3程度に減少します。

 

人口に占める生産年齢人口の割合も2分の1程度に低下する、急速な少子高齢化社会を迎えることが見込まれています。

 

(参考:厚生労働省平成23年版働く女性の実情と内閣府平成25年版男女共同参画白書))

 

さらには、先進国中最低水準の出生率低迷状況が指摘され、現在に至っても社会問題となっております。

 

そのため子育てのみではなく介護の負担も女性が担うこととなります。(平成18年厚生労働省「子ども・子育て応援プラン」)

 

これら女性に多く課せられる負担は、家庭の貧困や児童虐待問題へと多方面に波及していくことも指摘されています。

 

女性がいきいきとしたワークライフを経て、社会で活躍できる将来ビジョンを構築することが強く求められてきています。

 


3. ビジョンとミッション|目的:女性が相互に輝く社会を目指す

 

女性において、「職業キャリアに対する考え方」が、子どもを持つ前後で変化します。

 

それは、仕事のやりがい・評価、キャリアイメージの有無及び職場の両立支援に影響があるためです。

 

将来にわたり安心して暮らせる活力ある社会を実現するためには、

 

持続可能な全員参加型社会を構築していくことが、企業や社会の活力に繋がる鍵であると考えます。

 

そして今後、社会としてのニーズは、型に押し付けたサービスではなく、求められるサービスに対し、柔軟に対応することが求められます。

 

そして働き方も今後、決まった枠組みにはめ込まれるのではなく、それぞれの考え方、生活環境、ライフステージに合った働き方が求められると考えます。 

 

短時間労働、在宅ワーク、ジョブシェアリングなど、様々な形態を採り入れたフレキシブルな働き方がもっと世間一般的に受け入れられること。

 

そうすれば、あらゆる女性たちがその保有する能力を大きく発揮できるようになるのではないでしょうか。

 

個々の社会的価値を磨き続け、地域社会のニーズを満たし、感動する場を作れる人材の育成。

 

人生に大きな楽しさを見出し、社会への再チャレンジや活力を産み出す組織を、今までの固定観念にとらわれず、模索し実現するための団体を作りだしたいと考えました。

 


4. 女性ライフワーク・サービス内容|家事サポート・ワークショップ・特技を活かした物販活動並びに母と子のための社会推進活動事業

 

「女性が活かされる社会を創り出そう」という考えの下、個々の能力を知り合え、

 

高め合えるPR交流会、女性のキャリア形成に関する企画開催、親子参加型イベントなどを中心に、

 

行政・企業・NPO等との協働を積極的に進め、一時家政婦事業の受託、

 

就労後のフォローや、カルチャー系の講座の企画運営、子育て支援等にも取り組みたいと考えます。

 

これらの事業は、地域の女性たちが、趣味・特技や、かつての就労経験、

 

子育て経験を活かして有償で働くことができる機会の創出・提供にもつながります。

 

これらの事業を通じて、女性の滞在能力を引き出し、活躍を推進していくことにより、

 

男女共同参画社会の形成促進およびまちづくりの推進に寄与するものと考えます。

 


↓↓ こちらをクリック!


女性相互に活躍する社会の実現に向けて

 

●女性の数時間ワークが社会に必要な訳は? 

 

ワークライフバランスにおいて、仕事在りきで、生活は後回しになり本末転倒になっているご家庭が多いのではないでしょうか?

 

そんな女性が生活を大事にしながらも数時間ワークをする団体をイメージして立ち上げました。

 

その数時間ワークがどれだけのハードワークの女性の助けになることでしょう。

 

●女性が安心して働くには家が正常に回ること在りき女性の幸せ=家族の幸せを考えた時、

 

家の中がきちんと片付いて、ちゃんとした手作りのご飯が食卓に並ぶ家庭が理想です。

真の豊かさがそこにあります。

 

●ワークライフサポートは、フルで働く女性に必要不可欠なもの

 

「正社員などでめいいっぱい働く女性」に対し、「週2日一日3時間だけ働きたい女性」

 

そのどちらもキラキラ輝く人生を歩んでいただくために私たちがサポートします。

 


女性ライフワーク協会|事業案内動画編

事業案内を短い動画でまとめています。ぜひ、ご覧ください!

女性ライフワーク協会|事業案内(1)設立趣旨

女性ライフワーク協会|事業案内(2)家事ライフサポーターとサービスのご紹介

女性ライフワーク協会|事業案内(3)コミュニティ活動の現在と未来の展望

女性ライフワーク協会|事業案内(4)家事サービス各コースのご紹介



ご依頼*お問い合わせ

・以下の画面に必要事項をご入力いただき、[送信]ボタンを押してください。

 

・送信いただいた内容を確認後、こちらからメールor電話にてご連絡をさせていただきますので、しばらくお待ち下さい。

 

・メールor電話のご希望がありましたら、お書き添えください。

メモ: * は入力必須項目です